このサイトの上手な使い方。見積もりの秘訣

自動車保険の比較見積もりサイトです。最大20社同時見積もり
保険料の安さにこだわった自動車保険選びをサポートします。



見直しと見積もりを毎年習慣づけるのが安くする秘訣です。

毎年何となく更新してしまう自動車保険、今年からは「0」ベースの見直しをしませんか。
毎年見直しをすることを前提に検討することによって安くすることが可能になります。
こちらの完全無料の比較サイトで最大20社の見積もりを取得すれば、現在の保険がいかに高いのかが浮き彫りになります。まずは始めてみましょう。
今年は無料の一括見積もりサービスで自動車保険を見直しましょう!

最近の状況

自動車保険の宣伝は日頃、テレビでも新聞でも本当に最近よく見かけるようになりました。これは競争が激しくなってきたということにもつながり、消費者としても歓迎すべきことです。

しかし、その一方で保険会社もお得感を出すために、保険をパッケージ課して販売することが増えてきましたが、一般の消費者には良くその内容や、実際どれがお得かわからないことが多いです。

私も車を運転し、自動車保険(任意保険)を利用していますが、私が選んだ際にもやはり一番気になるのは金額です。
いかに安くできるか、そしてその次にいかに安い中で自分に必要な機能が付いた割の良い=コストパフォーマンスの良い保険を見つけることができるかです。

このサイトはそのような経験から、安い自動車保険=コストパフォーマンスの高い保険を消費者が簡単に見つけることができるように、という点に力を入れたサイトです。

当然、安いだけではいけません。しっかりとした保険内容が必要です。
しかし実際の保険を見直してみるとその人にはあっていない過剰な保険がかかっていることが少なくないのです。
それら無駄な分を削り落として、本当に必要な保険だけを安くかけましょうというのがこのサイトが目指しているところです。

このサイトによってみなさんがコストパフォーマンスの高い保険を見つけられることができれば何よりです。

さっそく自動車保険を比較・見積もり・検討・申し込みしてみましょう。

複数の損害保険会社から一括の見積もりがしたい方は、こちらのページ複数社保険一括請求をすることができます。
まだしっかり保険のことがわからないとか、安くしたいという方はこちらをオススメします。
自動車保険複数社一括見積もり比較ページ

既に損害保険会社は決まっていて、その中で今よりどれだけ安くできるかを検討したい方はこちら。
少しだけ上級者向けの見直しです。
指定損害保険会社ダイレクト保険見積もり比較ページ


安くなるには理由があります。自動車保険を安くする方法を解説

最近は多種多様なサービスが乱立して、自動車保険の分野でも何を選んで良いのか悩んでしまいます。しかし大多数の方は車にもさほど乗らないし、メンテナンスも自分ではできない。なので固定経費はとにかく安い方がよいのではないでしょうか。普通の人が付けておく程度の補償が付帯していればOK、後は安ければ安いほどありがたい。そういう普通の人のための自動車保険を安くするための方法を紹介しています。
まずは自動車保険を安くするいくつかのポイントを押さえる必要があります。

一括見積もり 人気1位

一覧表示で比較がしやすい定番の自動車保険一括見積もり。
まずはこれから始めましょう。

一括見積もり 人気2位

信頼の大手SBIの一括見積もりサービスです。20社同時見積もり、500円商品券プレゼント付き

一括見積もり 人気3位
カービュー保険

車関連のNo.1サイトの自動車保健サービスです。車のことをトータルで扱うにはここが一番。

ダイレクト見積もり1位
ピックアップ自動車保険

車のポータルサイトGoo-netだからできる。最大10社の無料一括見積です。

じっくり比較するなら
一括比較見積もりで一番安い自動車保険!

今までは適当に選んでいたけど、今年はじっくり比較をして選びたいのなら「自動車保険羅針盤」1ページ=1保険の徹底分析が好評です。

急いでいる方の保険
安い自動車保険一括比較・見積もりサイト。

保険料は安くしたいけど、時間もかけられない方専用の見積もりサービスです。簡単入力で満足できる自動車保険を探すためのサイトです。